無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
≪第2回≫ 「大黒屋商店の歴史について」
さて今日は、店の歴史についてお知らせします。
現在は蒟蒻とところてん、それに氷の販売・卸ですが
初期はところてんのみ製造していました。明治15年創業です。(名前は亀松)
私の3代前の人ですが(ちなみに…店主の努は、4代目となります♪)
出身は静岡県との事。その為、天草を仕入するのに地の理が有ったと思われます。

ところてん製造には冷たい水が必要ですが、井戸水を使用してしました。
当時は冷蔵庫施設がないため、5〜9月頃には製造を止めていたらしいです。
ところてんを作っていただけでは生活が苦しい為、長男が熊谷の蒟蒻屋さんへ
修行に行き、蒟蒻製造を覚えて帰り、蒟蒻屋が始まりました。


***********************************************************

お楽しみいただけましたでしょか?
店主の努曰く…
「書ききらなかったよ(苦笑)まだまだ蒟蒻屋が始まったばかりだからね」

ということで、次回も大黒屋の歴史についてお送りいたします。
蒟蒻屋が始まって…果たしてその後どんな試練が…!?
ご期待くださいませ。

***********************************************************

★今週末の店主の予定:直売所にて、売り子。
| 創業明治126年!! 伝統の食感 大黒屋商店 | 大黒屋商店の歴史 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2007/12/05 10:43 AM posted by: sobasaki
ブログ開設おめでとうございます。
店主と私は同級生です。いつも商売熱心な努ちゃんは尊敬しています。
それからいつまでもスリムな体型はうらやましい。
2007/12/05 6:14 PM posted by: 大黒屋
パソコンのパの字も知らない私ですが、倅に誘導されながら徐々に慣れて行きたいと思います。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://daikokuya05.jugem.jp/trackback/3